フォト

資料ダウンロード

個人情報保護について

  • 個人情報保護に関する考え方
    1.個人情報管理責任者を置き、個人情報の適切な管理に努めます。 2.本人から同意を得た場合、または法令により許された場合を除き、通知した利用目的のためにのみ、個人情報を利用いたします。 3.本人から同意を得た場合、または法令により許された場合を除き、個人情報を第三者に提供いたしません。 4.個人情報の漏洩を防止するために、個人情報を安全に管理し、セキュリティの確保・向上に努めるとともに、これらのリスクに対する合理的な是正措置を講じます。
無料ブログはココログ

« 参加をためらっている方へ | トップページ | 過去の実績 »

2007年9月23日 (日)

関西地域趣意書

第3期ソーシャルアクションスクール(SAS)

~関西地域~ 趣意書

ソーシャルアクションスクールに関心をお寄せいただき、

ありがとうございます。関西地域の趣意書です。

ご賛同頂ける方々の申込を心よりお待ちしています。

                  平成19年9月20日
  ソーシャルアクションスクール関西地域実行委員会

ソーシャルアクションスクールの参加者は、以下に示す

基本理念(「ソーシャルアクションスクール宣言」)の趣旨

に賛同し日々の行動を行う。

職業・年齢・性別は一切不問。

  ソーシャルアクションスクール宣言

(1)スクール全体の理念

○次代を担う人材を育成し、持続的に輩出する。

    そのために、様々な価値観を有し具体的行動を

    行う参加者それぞれが、意識と行動の改革及び

    自己研鑽・全国的なネットワークづくりやリアルな

    情報交換をすることのできる、「場」を提供する。

○この「場」を持続的に提供し、具体的に足もとから

   改革運動を起こしていくことができる人材を、日本

   全体や地域に増加させていく。これを通じて、活力

   ある日本、活力ある地域、ひいては日本に住む一人

   ひとりが幸せを享受していけるような社会を創造して

   いくことに貢献する。

(2)各々の参加者がなすこと

○社会に対する、強い責任感と当事者意識を持つ

○自ら「改革請負人」となる

  自ら一歩踏み出す勇気をもって「とにかく何かやって

     みる」人間となり、参加して気づいたことを翌日から

     実践する。自らの持ち場、持ち場で、関係者と共に

     汗をかき(=共汗力)、リアルを変革していく。

○「5つの『せ』」を身につけた人間となる

     「5つの『せ』」=専門性、説明力、戦略性、センス

                        (風を感じる力)、正義(志)

○他者依存から脱却して自らの足で立つ

  自分の強み、弱みに気付く。自己への厳しさを追求する。

○他者に対して極めて寛容であるとともに、他者に対する

    関心を常に持ち続ける

○同じ志をもつ仲間が全国にいるという意識を持つ

                              以 上

« 参加をためらっている方へ | トップページ | 過去の実績 »